【美容の経営学④】エクステ(シールエクステ)と経営1 《インパクトのある価格設定!》

【美容の経営学④】エクステ(シールエクステ)と経営1 《インパクトのある価格設定!》

サロン経営は技術・接客・価格・立地・内装・キャシュフロー等ももちろん大切ですが、もっと大切なことは自店を総体的に見て独自の企画を見つけることだと思います。

そこで企画を立てる前にBLESSのコンセプトを説明致します。

先ず、BLESSはシールエクステの価格が明確になっております。
あえて『価格が明確』と言いますのは、他社では商品を美容院様により販売価格を変えているからです。
それは商品価値ではなく、いくらまけてくれたかで美容院様は商品を購入することにもなります。

BLESSは美容院様により価格の変動は一切致しません、何故なら駆け引き無しの薄利安価で販売させて頂いてるからです。
ですのでBLESSのシールエクステは、価格以上に品質が全クラス良いように設えてあります。

毛質は3種類あり、長さも11段階、カラーは各20〜32色、全400種類以上あります。
カラーは41色の厳選したカラーを、使用なレンズス毎にチョイスしてあります。

これらを考慮して組み合わせることで、サロン様の経営企画が無限に立てられるような前提で設えております。

では実際に企画を考えてみましょう。

*価格を売りにする!

お客様を増やしたい場合早くて簡単なことは価格を安くすることですが、ただあまり考えずに安くすると利益の出ない店になります。

BLESSが価格をセオリーします。

先ず毛質がBLESSで一番安いグットクラス、そして長さは短めの45cm又は39cmで1番安いメニューを作ります。
ワゴンセールのようにしてお客様を呼ぶのも良いと思います。こちらのお客様が沢山来過ぎるようでしたら、少し価格を上げるかして調整して下さい。

次に毛質を3クラス導入するのでしたら、中間のベリーグットクラスはグットクラスとエクセレントクラスの中間の価格設定が良いと思います。

エクセレントクラスはなんと言っても業界NO.1本物のバージンレミー毛なのに破格の安さですから、自信を持っていろいろな企画が作れます。
でも3種類導入する場合はエクセレントクラスは、他店様のレミー毛クラスとの兼ね合いを考慮して、安い価格設定にするのも良いと思います。

またエクセレントのみで勝負するのであれば、高くても大丈夫です。
高い価格設定にする場合は馴染ませカット込みなどのセットメニューやシールエクステ専用のシャンプー(BLESSで販売しておりますルキアハーブソープ)をプレゼントや技術・接客・設え等をハイクオリティにして富裕層をターゲットにするのも良いと思います。
いずれにしてもお客様にインパクトのある価格設定をしてその企画を徹底的に実行することが繁盛店になる秘訣だと思います。

本日は以上です。

次回、「エクステ(シールエクス)と経営2 《繁盛のサイクルが始まる!》」をお楽しみに!