【美容の経営学⑤】エクステ(シールエクス)と経営2 《繁盛のサイクルが始まる!》

【美容の経営学⑤】エクステ(シールエクス)と経営2 《繁盛のサイクルが始まる!》

新規のお客様が沢山来て頂くことが出来るようにましたら、次はリピートのお客様が増える考え方をお話しします。

美容業界は不思議なことに新規のお客様の価格は定価から安くして、再来のお客様へは定価がほとんどです。
でもお客様からしてみたら新規でご来店の際は、沢山ある美容院様の中から最初の価格が良いからご来店して頂いたわけです。
そうしますと2回目からは、お客様からしますとお得意様になりますので更にサービスを望みます。

でも実情は初回が安くて2回目から定価になるのがほとんどです。
それはお客様の心理では高くなったことになります。

美容院様の価格も技術に対して決まった定価がないので尚更なこと、他店様と価格だけで競争してお客様を呼ぶと先行きは経営が苦しくなります。

大事なことは『お客様が喜ぶ個性豊かな企画』を立てて実行することです。そうすれば新規を呼ぶ際に利益の少ない価格設定にしなくても大丈夫です。

わかりやすく箇条書きにします。

1 最初に健全な経営が出来るリピート価格を決めます。

2 新規を呼ぶ際に新規を安くして再来を高くしますとリピート率が下がります。

3 新規を呼ぶ際に自分のサロンのウリ(個性=付加価値)を明確に立案・企画・実行します。

4 3を完璧にして新規と再来価格は同じにすることで、両方のお客様が必ず増えることになり繁盛店になります。
※例外もありますがそれは後程お話しさせて頂きます。

※新規のお客様は決まった定価がない商品=技術に対しては、そこから何パーセント安くなったからご来店するのではなく、美容院様の価値に対してご来店します。

※でも新規のお客様がリピート価格より安くしないと来ないとお思いであれば、まだ美容院様独自の魅力ある企画が見つかってないことになります。

次回はその魅力的な企画の立て方をお話しします。

今回は以上です。

次回、「エクステ(シールエクステ)と経営3 《魅力的な企画作り!》」をお楽しみに!